サーバーサイドJava 1 環境構築

最終更新:2006/06/16

トップページへ戻る
次へ
ページ目次
  1. Apache2のインストール
  2. Tomcat5.5のインストール
  3. TomcatとApacheの連携設定
  4. 参考情報

1. Apache2のインストール

(1) ダウンロード

    Apacheのダウンロードサイトより、Windows版のApache2.0.58をダウンロードしてください。
    Apacheのダウンロードサイト
    (ファイル名は、apache_2.0.58-win32-x86-no_ssl.msi)

(2) インストール

   ・ ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。
   ・ セキュリティの警告ダイアログが表示されますが、気にせずに「実行」をクリックしてください。
   ・ インストーラが起動したら、「Next」をクリックしてください。
   ・「License Agreement」画面が表示されますので、「I accept the terms in the license agreement」を選択し、
     「Next」をクリックしてください。
   ・「Read This First」画面が表示されますので、「Next」をクリックしてください。
   ・「Server Infomation」画面が表示されますので、下記の説明を参考に値を設定し、「Next」をクリックしてください。
番号 項目名 設定値の説明
1 Network Domain サーバーのドメイン名(localhostなど)
2 Server Name WWWサーバー名(localhostなど)
3 Administrator's Email Address 管理者のE-Mailアドレス
   「Install Apache HTTP Server 2.0 programs and shortcuts for」は
   「for All Users, Port 80, as a Service -- Recommended.」が選択されていることを確認してください。

   ・「Setup Type」画面が表示されますので、デフォルト(Typical)のままで「Next」をクリックしてください。
   ・「Destination Folder」画面が表示されますので、インストール先に変更がなければデフォルトのままで「Next」
      をクリックしてください。
   ・「Ready to Install the Program」画面が表示されますので、「Install」をクリックしてください。
   ・ インストール完了画面が表示されたら、「Finish」をクリックしてください。

2. Tomcat5.5のインストール

(1) Tomcat5.5のダウンロード

   Tomcat5のダウンロードサイトより、Windows版のTomcat5.5.17をダウンロードしてください。
   Tomcat5のダウンロードサイト
   (ファイル名は、apache-tomcat-5.5.17.exe)

(2) Tomcat5.5のインストール
    ※Tomcatインストール前にJ2SE 5.0のインストールを完了しておいてください。

   ・ ダウンロードしたファイル「apache-tomcat-5.5.17.exe」を実行してください。
   ・ セキュリティの警告ダイアログが表示されますが、気にせずに「実行」をクリックしてください。
   ・ インストーラが起動したら、「Next」をクリックしてください。
   ・「License Agreement」画面が表示されますので、「I Agree」をクリックしてください。
   ・「Choose Componets」画面が表示されますので、デフォルトのままで「Next」をクリックしてください。
   ・「Choose Install Location」画面が表示されますので、デフォルトのままで「Next」をクリックしてください。
      ※デフォルトの場合は、「 C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5」にインストールされます。
   ・「Configuration」画面が表示されますので、デフォルトのままで「Next」をクリックしてください。
   ・「Java Virtual Machine」画面が表示されますので、問題がなければ、デフォルトのままで「Install」をクリックしてください。
   ・ インストール完了画面が表示されたら、「Finish」をクリックしてください。

3. TomcatとApacheの連携設定(mod_jkを使用する方法)

(1) TomcatとApacheを連携するモジュール(mod_jk)のダウンロード

   Tomcat Connectorsのダウンロードサイトより、Windows版のTomcatとApacheを連携するモジュール(mod_jk)をダウンロードしてください。
   Tomcat Connectorsのダウンロードサイト
   (ファイル名は、mod_jk-apache-2.0.55.so)

(2) TomcatとApacheの連携設定

    ダウンロードした「mod_jk-apache-2.0.55.so」のファイル名を「mod_jk.so」に変更して、
   「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\modules」フォルダにコピーしてください。

(3) TomcatとApacheの連携設定のファイル作成 1 (mod_jk.conf)

    ・テキストエディタを起動してください。
    ・下記内容を記述して、「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf」に「mod_jk.conf」という
      ファイル名で保存してください。
      ※複数のアプリケーションをApacheと関連付けたい場合は、JkMountを列記してください。
LoadModule jk_module modules/mod_jk.so
JkWorkersFile  "C:/Program Files/Apache Software Foundation/Tomcat 5.5/conf/workers.properties"
JkLogFile      "C:/Program Files/Apache Software Foundation/Tomcat 5.5/logs/mod_jk.log"
JkLogLevel     error

JkMount /javasample/* ajp13
JkMount /javasample ajp13
(4) TomcatとApacheの連携設定のファイル作成 2 (workers.properties)

    ・テキストエディタを起動してください。
    ・下記内容を記述して、「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\conf」に
     「workers.properties」というファイル名で保存してください。
worker.list=ajp13
worker.ajp13.port=8009
worker.ajp13.host=localhost
worker.ajp13.type=ajp13
(5) Apacheの設定ファイルの編集 (httpd.conf)

   「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\httpd.conf」を開き、末尾に以下の文を追加してください。
Include conf/mod_jk.conf
(6) 環境設定

   ・「コントロールパネル」−「システム」環境設定を開き、「詳細設定」タブを選択してください。
   ・「環境変数」ボタンをクリックしてください。
   ・「システム環境変数」の「新規」ボタンをクリックしてください。
   ・ 表示されたウインドウに以下のように新たな変数を設定して「OK」ボタンをクリックしてください。

      変数名:CATALINA_HOME
      数値  :C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5

   ・続いて、CLASSPATHの設定値に下記の値を追加してください。

     .;%CATALINA_HOME%\common\lib\servlet-api.jar;%CATALINA_HOME%\common\lib\jsp-api.jar;

(7) フォルダの作成

    「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\webapps」フォルダ内に
     下記のような構成でフォルダを作成してください。

     \javasample\
        WEB-INF\
          \classes\

(8) Tomcat、Apacheの再起動
    ・「Tomcat」の再起動
       タスクトレイにある「Monitor Tomcat」を選択し、「Stop service」実行後に「Start service」を実行してください。
    ・「Apache」の再起動
       タスクトレイにある「Monitor Apache Servers」を起動し、「Restart」ボタンをクリックしてください。

[参考情報] TomcatとApacheの連携設定(現在非推奨扱いのmod_jk2を使用する方法)

(1) TomcatとApacheを連携するモジュール(mod_jk2)のダウンロード

   Tomcat Connectorsのダウンロードサイトより、Windows版のTomcatとApacheを連携するモジュール(mod_jk2)をダウンロードしてください。
   Tomcat Connectorsのダウンロードサイト
   (ファイル名は、jakarta-tomcat-connectors-jk2.0.4-win32-apache2.0.49.zip)

(2) TomcatとApacheの連携設定

    ダウンロードした「jakarta-tomcat-connectors-jk2.0.4-win32-apache2.0.49.zip」を解凍後に「\modules\mod_jk2.so」を
   「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\modules」フォルダにコピーしてください。

(3) Apacheの設定ファイルの編集 (httpd.conf)

   「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\httpd.conf」を開き、末尾に以下の文を追加してください。
LoadModule jk2_module modules/mod_jk2.so
(4) 環境設定

   ・「コントロールパネル」−「システム」環境設定を開き、「詳細設定」タブを選択してください。
   ・「環境変数」ボタンをクリックしてください。
   ・「システム環境変数」の「新規」ボタンをクリックしてください。
   ・ 表示されたウインドウに以下のように新たな変数を設定して「OK」ボタンをクリックしてください。

      変数名:CATALINA_HOME
      数値  :C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5

   ・続いて、CLASSPATHの設定値に下記の値を追加してください。

     .;%CATALINA_HOME%\common\lib\servlet-api.jar;%CATALINA_HOME%\common\lib\jsp-api.jar;

(5) フォルダの作成

    「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\webapps」フォルダ内に
     下記のような構成でフォルダを作成してください。

     \javasample\
        WEB-INF\
          \classes\

(6) マップの設定 (workers2.properties)

    ・テキストエディタを起動してください。
    ・下記内容を記述して、「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf」に「workers2.properties」という
      ファイル名で保存してください。
[status:]
[uri:/jkstatus/*]
group=status
[shm:]
disabled=1
[channel.socket:localhost:8009]
[ajp13:]
[uri:/javasample/*]
(7) Tomcat、Apacheの再起動
    ・「Tomcat」の再起動
       タスクトレイにある「Monitor Tomcat」を選択し、「Stop service」実行後に「Start service」を実行してください。
    ・「Apache」の再起動
       タスクトレイにある「Monitor Apache Servers」を起動し、「Restart」ボタンをクリックしてください。
トップページへ戻る
次へ
Copyright© 2005- Naoyuki Sano. All rights reserved.