Rubyの勉強5 while文、for文、break,next

最終更新:2009/05/19

トップページへ戻る
前へ 次へ
ページ目次
  1. while文
  2. for文
  3. ループを制御する(break, next)

1. while文
    ある条件が真である間、ループを繰り返します。

    文法の説明

    while 条件式
        処理
    end
  i = 1
  j = 1
  while i <= 10
      j = 1
      while j <= i
          print '△'
          j += 1
      end
      puts ''
      i += 1
  end
     実行結果
△
△△
△△△
△△△△
△△△△△
△△△△△△
△△△△△△△
△△△△△△△△
△△△△△△△△△
△△△△△△△△△△

2. for文

    指定した回数だけ処理を繰り返す場合に用います。

    文法の説明

        for 変数名 in (開始値..終了値) 
            処理
        end

    for i in (1..10) 
        j = 1
        for j in (j..i)
            print '△'
        end
        puts ''
    end
     実行結果
△
△△
△△△
△△△△
△△△△△
△△△△△△
△△△△△△△
△△△△△△△△
△△△△△△△△△
△△△△△△△△△△

3. ループを制御する(break, next)


    breakが実行されると、ループが終了していなくてもループから抜けます。
    nextが実行されると、いったんループの先頭に戻ります。

    i = 0
    j = 0
    for j in (1..10)
        for i in (1..10)
            print i.to_s + ' '
            if i == j
                puts ''
                break
            end
        end
    end
     実行結果
1 
1 2 
1 2 3 
1 2 3 4 
1 2 3 4 5 
1 2 3 4 5 6 
1 2 3 4 5 6 7 
1 2 3 4 5 6 7 8 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
    i = 0
    for i in (1..10)
        if i % 2 == 0 
            next
        else 
            print i.to_s + ' '
        end
    end
     実行結果
1 3 5 7 9
トップページへ戻る
前へ 次へ
Copyright© 2005- Naoyuki Sano. All rights reserved.