Rubyの勉強2 プログラムの作成、実行

最終更新:2006/06/16

トップページへ戻る
前へ 次へ
ページ目次
  1. Hello World!を表示するプログラム作成
  2. プログラムの解説
  3. プログラム内にコメントを入力する場合
  4. 予約語

1. Hello World!を表示するプログラム作成

  1. 入力するコード

print("Hello World!\n")

  2. ファイル名を「HelloWorld.rb」で保存してください。


  3. 実行

      コマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドを実行してください。
> ruby HelloWorld.rb

  4. 実行結果

Hello World!

2. プログラムの解説

  print("Hello World!\n")
   ↑            ↑
  メソッド     引数

  printメソッドは、「()」の中の内容をコンソールに出力するメソッドです。
  文字列の終わりの「\n」は改行を表す文字です。

3. プログラム内にコメントを入力する場合

  (1) 1行のコメント     ・・・ 「#」より後の文字がコメントとなります。

      # コメント

  (2) 複数行のコメント    ・・・ 「=begin」と「=end」で囲んだブロックがコメントとなります。

      =begin
       コメント
      =end

      コメントは、ほかの人がプログラムを理解しやすくなるだけでなく、
      時間が経ってから自分の記述したプログラムを見ても思い出すのが容易になります。

4. 予約語
BEGIN class ensure nil self when
END def false not super while
alias defined? for or then yield
and do if redo true  
begin else in rescue undef  
break elsif module retry unless  
case end next return until  

トップページへ戻る
前へ 次へ
Copyright© 2005- Naoyuki Sano. All rights reserved.