Rubyの勉強1 環境構築

最終更新:2009/05/18

トップページへ戻る
次へ
ページ目次
  1. Rubyのインストール
  2. インストール後の確認

1. Rubyのインストール

(1) ダウンロード

   下記のサイトより、Rubyのインストーラをダウンロードしてください。
   http://rubyforge.org/projects/rubyinstaller/

(2) インストール

   ・ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストーラを起動してください。
   ・「Next」をクリックしてインストールを開始してください。
   ・ ライセンスに同意するなら「I Agree」をクリックしてください。
   ・ コンポーネントの選択画面になりますので、「Next」をクリックしてください。
   ・ インストールディレクトリの選択画面になりますので、「c:\ruby」でよければ、何も変更せずに「Next」をクリックしてください。
   ・「Install」ボタンをクリックするとインストールがスタートしますので、無事に終了したら「Next」をクリックしてください。
   ・「Finish」ボタンをインストーラを閉じてください。

(3) パスの設定について( Windows XPの場合 )

   ・「コントロールパネル」−「システム」環境設定を開き、「詳細設定」タブを選択してください。
   ・「環境変数」ボタンをクリックしてください。
   ・「システム環境変数」の一覧リストから「Path」を選択し、「編集」ボタンをクリックしてください。
   ・「Path」の設定値の編集画面が表示されますので、変数値の末尾に「;」を付けて、
     「【rubyインストールフォルダ】\bin;」を追記して「OK」ボタンをクリックしてください。


2. インストール後の確認

      コマンドプロンプトを起動してください。
      起動したら、下記のコマンドを入力して、Enterキーを押下してください。
> ruby -v
       Rubyのバージョンが表示されたら、インストールは成功しています。
トップページへ戻る
次へ
Copyright© 2005- Naoyuki Sano. All rights reserved.