PHPの勉強6 配列

最終更新:2005/11/13

トップページへ戻る
前へ 次へ

●配列

    配列は、複数の値をまとめて扱える変数です。

    文法の説明

   ・初期値を指定して配列を作成

        $配列名 = array(値1,値2,値3・・・);

      ・配列の要素の値の利用

        $配列[番号] = 値;
        $変数 = $配列[番号];

      ・配列の要素数を取得

        $変数 = count($配列);

      ・連想配列から値だけを全て取り出す

        $配列 = array_values($配列);

      ・foreach文

        ・配列を扱う場合

          foreach ( $配列 as $変数 ) {
              【繰り返す処理】
          }

        ・連想配列を扱う場合

          foreach ( $配列 as $キー変数 => $値変数 ) {
              【繰り返す処理】
          }
<html>
<head>
<title>SAMPLE024</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
</head>
<body>
<?php
    $arr = array(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10); // 初期値を指定して配列を作成
    $total = 0;
    $cnt = count($arr);                 // 配列の要素数を取得
    foreach($arr as $arrs) {
        $total += $arrs;
    }
    // 平均値を表示
    print "平均 : " . (int)($total / $cnt);
?>
</body>
</html>
       ※ファイル保存時の文字コードは「EUC-JP」にしてください。
       sample024の実行結果
<html>
<head>
<title>SAMPLE025</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
</head>
<body>
<?php
    // foreachによる連想配列の処理

    $arr = array('apple' => 'りんご', 'orange' => 'みかん', 'peach' => 'もも'); 
    foreach($arr as $key => $val) {
        print $key . ' : ' . $val . '<br>';
    }
?>
</body>
</html>
       ※ファイル保存時の文字コードは「EUC-JP」にしてください。
       sample025の実行結果
<html>
<head>
<title>SAMPLE026</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
</head>
<body>
<?php
    // array_values関数の使用例

    $data = array('apple' => 'りんご', 'orange' => 'みかん', 'peach' => 'もも'); 
    $arr = array_values($data);
    foreach($arr as $arrs) {
        print $arrs . '<br>';
    }
?>
</body>
</html>
       ※ファイル保存時の文字コードは「EUC-JP」にしてください。
       sample026の実行結果
トップページへ戻る
前へ 次へ
Copyright© 2005- Naoyuki Sano. All rights reserved.