PHPの勉強4 if文、switch文

最終更新:2006/06/16

トップページへ戻る
前へ 次へ
ページ目次
  1. if文
  2. switch文


1. if文

     if-else文は、条件に応じて処理を分岐させ、プログラムの流れをコントロールすることができます。

     文法の説明

          変数$aの値が「1」の場合は、処理1を実行し、変数$aの値が「2」の場合には、処理2を実行します。
          変数$aの値が「1」、「2」のどちらでもない場合は、処理3を実行します。

          if ($a == 1) {
               処理1;
          } elseif ($a == 2) {
               処理2;
          } else {
               処理3;
          }
<html>
<head>
<title>SAMPLE010</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
</head>
<body>
<?php
    $a = 1;
    if ($a == 1) {
        print '変数$aの値は 1 です。';
    } elseif ($a == 2) {
        print '変数$aの値は 2 です。';
    } else {
        print '変数$aの1または2以外です。';
        print '変数$aの値は、' . $a . 'です。';
    }
?>
</body>
</html>
       ※ファイル保存時の文字コードは「EUC-JP」にしてください。
       sample010の実行結果


2. switch文

    式の値に応じて多数の分岐を実現できます。

    文法の説明

        評価しても一致するものが無い場合は、defaultキーワード後の処理を実行します。
        break文は、switch文を抜ける役割をしますので、break文が無い場合は、case
        キーワード内の処理実行後もswitch文を抜けません。

        switch(式) {
            case 定数式1:
                処理1;
                break;
            case 定数式2:
                処理2;
                break;
            default:
                処理n;
        }
<html>
<head>
<title>SAMPLE011</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
</head>
<body>
<?php
    // breakがある場合
    $a = 1;
    switch($a) {
        case 1:
            print '変数aの値は 1 です。';
            break;
        case 2:
            print '変数aの値は 2 です。';
            break;
        default:
            print '変数aの1または2以外です。';
            print '変数aの値は、' + a + 'です。';
    }
?>
</body>
</html>
       ※ファイル保存時の文字コードは「EUC-JP」にしてください。
       sample011の実行結果
<html>
<head>
<title>SAMPLE012</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
</head>
<body>
<?php
    // breakが無い場合
    $a = 1;
    switch($a) {
        case 1:
            print '変数aの値は 1 です。' . '<br>';
        case 2:
            print '変数aの値は 2 です。' . '<br>';
        default:
            print '変数aの1または2以外です。' . '<br>';
            print '変数aの値は、' . $a . 'です。' . '<br>';
    }
?>
</body>
</html>
       ※ファイル保存時の文字コードは「EUC-JP」にしてください。
       sample012の実行結果
トップページへ戻る
前へ 次へ
Copyright© 2005- Naoyuki Sano. All rights reserved.