Javaの勉強6 配列、型変換

最終更新:2005/10/02

トップページへ戻る
前へ 次へ

6-1. 配列

    配列は参照型の一種で、同じ型のデータを複数格納するオブジェクトです。
    配列の個々の要素は「添字」(インデックス)で指定します。
    添字は 0 から始まり、要素数 -1 で終わります。

    (1) 配列

        構文
                ・配列の宣言・作成

                  型[] = 配列名;
                  配列名 = new 型[要素数];

                  または

                  型[] 配列名 = new 型[要素数];

                ・配列の要素数の取得

                    配列名.length;

        サンプル1 (5個の要素を持つ配列を宣言・作成し、値を表示)
public class Array1 {
    public static void main(String args[]) {
        int[] a = new int[5];
        a[0] = 10;
        a[1] = 30;
        a[2] = 50;
        a[3] = 70;
        a[4] = 100;

        for (int i = 0; i < a.length; i++) {
            System.out.println("a[" + i + "] : " + a[i]);
        }
   }
}
        実行結果
a[0] : 10
a[1] : 30
a[2] : 50
a[3] : 70
a[4] : 100
        サンプル2 (コマンドライン引数をの値を表示)
public class Array2 {
    public static void main(String args[]) {

        for (int i = 0; i < args.length; i++) {
            System.out.println( i + 1 + "つ目の引数 : " + args[i]);
        }
    }
}
        コンパイル後の実行例

            java Array2 a b c   ・・・a、b、cが順番に表示します。
            java Array2 1 2 3   ・・・1、2、3が順番に表示します。
    (2) 2次元配列

        配列の配列を作成することにより、2次元配列を使用できます。

        サンプル (2次元配列の各要素に値を入れて表示)
public class Array3 {
    public static void main(String args[]) {
        int kuku[][] = new int[10][10];

        // 配列の値を設定
        for(int i = 1; i <= 9; i++) {
            for(int j = 1;j <= 9; j++) {
                kuku[i-1][j-1] = i * j;
            }
        }

        // 配列の値を表示
        for(int i = 0; i < kuku.length - 1 ; i++) {
            for(int j = 0; j < kuku.length - 1 ; j++) {
                if(1 >= kuku[i][j] || kuku[i][j] <= 9) {
                    System.out.print("  " + kuku[i][j]);
                } else {
                    System.out.print(" " + kuku[i][j]);
                }
            }
            System.out.println("");
        }
    }
}
        実行結果
  1  2  3  4  5  6  7  8  9
  2  4  6  8 10 12 14 16 18
  3  6  9 12 15 18 21 24 27
  4  8 12 16 20 24 28 32 36
  5 10 15 20 25 30 35 40 45
  6 12 18 24 30 36 42 48 54
  7 14 21 28 35 42 49 56 63
  8 16 24 32 40 48 56 64 72
  9 18 27 36 45 54 63 72 81


6-2. 型変換(キャスト)

    大きい型の変数に小さい型の値を代入するときには、自動的にデータ型が変換される。

    サンプル 1
public class Cast1 {
    public static void main(String args[]) {
        int a = 100;
        float b = a;
        System.out.println(a);
    }
}
    実行結果
100
    小さい型の変数に大きい型の値を代入するときには明示的な型変換(キャスト)を行う。

    サンプル 2
public class Cast2 {
    public static void main(String args[]) {
        long l = 10L;
        int a = (int)l;
        System.out.println(a);
    }
}
    実行結果
10
    実数型を整数型に型変換(キャスト)すると、小数点以下は切り捨てられます。

    サンプル 3
public class Cast3 {
    public static void main(String args[]) {
        float b = 3.14F;
        int a = (int)b;
        System.out.println(a);
    }
}
    実行結果
3
トップページへ戻る
前へ 次へ
Copyright© 2005- Naoyuki Sano. All rights reserved.