Javaの勉強2 プログラムの作成、コンパイル、実行

最終更新:2006/01/30

トップページへ戻る
前へ 次へ
●Hello World!を表示するサンプルプログラムを作成する[Eclipseを使用しない場合]


    1. 入力するコード

public class HelloWorld {
   public static void main(String args[]){
       System.out.println("Hello World!");
   }
}

    2. ファイル名は必ず「HelloWorld.java」で保存してください。


    3. コンパイル


        コマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドを実行してください。
 > javac HelloWorld.java
      ※エラーが表示されなければ、コンパイルは成功です。

    4. 実行


        コマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドを実行してください。
 > java HelloWorld
      ※必ず、プログラム名(クラス名)を入力してください。

    5. 実行結果

Hello World!

●Hello World!を表示するサンプルプログラムを作成する[Eclipseを使用する場合]

    1. Eclipseの起動


        Eclipseを起動すると、「ワークスペースの選択」ウインドウが表示されますので、
        説明を読んでプロジェクトを保管する場所に変更がなければ、そのまま「OK」ボタンを
        クリックしてください。

2. Javaプロジェクトの作成

        ・「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」を選択してください。
        ・「新規プロジェクト」画面が表示されます。
        ・「Javaプロジェクト」を選択して、「OK」ボタンをクリックしてください。
        ・「新規プロジェクト−Javaプロジェクトの作成」画面が表示されますので、
           下記の値を入力して、「次へ」ボタンをクリックしてください。
プロジェクト名 HelloWorld
ロケーション 「ワークスペース内にプロジェクトを作成」を選択
プロジェクト・レイアウト 「プロジェクト・フォルダーをソースおよびクラス・ファイルのルートとして使用」を選択
        ・「新規プロジェクト−Java設定」画面が表示されますので、内容
           を変更せずに「終了」ボタンをクリックしてください。
ソース ソースコードの保管されるフォルダの設定
プロジェクト このプロジェクトから他のプロジェクトのプログラムを利用しているような場合に、必要なプロジェクトを設定します。
ライブラリー 必要なライブラリファイルを設定します。初期状態では、JREのシステムライブラリが組み込み済みになっています。
順序およびエクスポート 各種プロジェクトやライブラリ類を構築する際の順序の指定です。通常、作成するプロジェクトが最初になり、次にJREライブラリが並びます。
        下部の「デフォルト出力フォルダー」の設定は、基本的には初期状態のままで何も変更する必要はありません。 

        ※「パースペクティブ切り替えの確認」というダイアログが表示されることがありますが、
           そのまま「はい」ボタンをクリックしてください。

        ・もう一度、「終了」ボタンをクリックしてください。

3. Javaクラスの作成

        ・「ファイル」→「新規」→「クラス」を選択してください。
        ・「新規Javaクラス」ダイアログが表示されますので、下記の設定を行い、「終了」ボタンをクリックしてください。
ソース・フォルダー HelloWorld
パッケージ jp.study.eclipse3 ※1
名前 HelloWorld
修飾子 「public」を選択してください。
スーパークラス java.lang.Object
  「public static void main(String[] args)」をチェックしてください。
「継承された抽象メソッド」をチェックしてください。
        ※1. 任意のパッケージ名を入力。設定しなくても問題ありません。
ソース・フォルダー ソースコードを保存するフォルダ。初期状態ではプロジェクトのフォルダが設定されています。
パッケージ 「パッケージ」とは、クラス類を階層的にまとめて管理するためのものです。何も設定しなければ「デフォルトパッケージ」という、初期状態で自動的に用意されるパッケージにまとめられます。
エンクロージング型 あるクラスの中に組み込まれたクラスなどを作成するためのものです。
名前 作成するクラスの名前です。
修飾子 作成するクラスにつける各種の修飾子を指定するものです。
スーパークラス ここに設定されたクラスを継承して新しいクラスが作成されます。
インターフェイス インターフェイスと呼ばれる特別なクラスを組み込むためのものです。
どのメソッド・スタブを作成しますか? あらかじめ用意しておくメソッド(クラス内に用意するひとまとまりの処理のこと)を指定するものです。
        ・「public static void main(String[] args) {」 と 「}」の間に下記のコードを入力してください。

           System.out.println("Hello World!");

        ・「実行」→「次を実行」をクリックし、「Javaアプリケーション」を選択してください。

        ・「リソースの保管」画面が表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてください。

        ・「ウインドウ」→「ビューの表示」→「コンソール」を選択して、ウインドウ内に
          「Hello World!」が表示されている事を確認してください。

●解説

        下記の記述がJavaプログラムの雛形となります。
 1 | public class HelloWorld {
 2 |   public static void main(String args[]){
 3 |       System.out.println("Hello World!");
 4 |   }
 5 | }
 
        1行目

          ・クラス宣言

             class

          ・プログラム名(クラス名)

             HelloWorld

        2行目

          ・メインメソッド宣言

            public static void main(String args[]){ }  

             {}内にメインメソッドで実行する処理を記述します。
             String args[] と String[] args は同じ意味なので、どちらの書き方でもOKです。

        3行目

           System.out.println("Hello World!");
               ↑                   ↑
           メソッド     メソッドに対する引数

           ※セミコロンを入力し忘れただけで、コンパイルエラーとなるので注意してください。

●プログラム内にコメントを入力する場合

        (1) 1行のコメント     ・・・ 「//」より後の文字がコメントとなります。

            // コメント

        (2) 複数行のコメント    ・・・ 「/*」と「*/」で囲んだブロックがコメントとなります。

            /*
                コメント
            */

           コメントは、ほかの人がプログラムを理解しやすくなるだけでなく、
           時間が経ってから自分の記述したプログラムを見ても思い出すのが容易になります。

●プログラムの記述について

           必ず字下げを行い、他人が見た時に理解しやすい構造で
           作成するようにすること。

●識別子
           変数名(識別子)の規則は以下のとおりです。
文字数 無制限
使用可能文字 英大文字、英小文字、数字、_(下線)、$
先頭文字 英大文字、英小文字、_(下線)、$

●予約語
           Javaの予約語およびtrue、false、nullは使用できません。大文字・小文字は区別されます。
           assert は J2SE 1.4からの予約語、enum は J2SE 5.0からの予約語です。
abstract assert boolean break byte case catch char class const
continue default do double else enum extends final finally float
for goto if implements import int instanceof interface long native
new package private protected public return short static strictfp super
switch synchronized this throw throws transient try void volatile while

トップページへ戻る
前へ  次へ
Copyright© 2005- Naoyuki Sano. All rights reserved.